ダイヤモンドの選び方

ダイヤモンド

ブライダルリングの象徴でもあるダイヤモンド。

二人の愛の証となるその宝石は、最高の輝きを持っています。
せっかく身につけるのですから、納得のいくダイヤモンドにしたいですよね。

品質のランクや輝きなどダイヤモンドを見極める4Cについての解説や選び方。

ダイヤモンドの品質を評価する基準

ダイヤモンドの品質はG.I.A.(米国宝石学会)の品質評価国際基準に基づいた「4C」と呼ばれる基準で評価されます。

重さの単位「Carat(カラット)」、色の基準「Color(カラー)」、透明度の基準「Clarity(クラリティ)」、輝き「Cut(カット)」の4つの評価基準で価値が決まり、鑑定書に記されます。

Carat(カラット)

Carat(カラット)カラットとは本来ダイヤモンドの重さを示す単位で、1カラットは0.2gです。

もっとも流通している丸いダイヤモンド(ラウンドブリリアントカット)でいうと、0.1ctでだいたい直径3.0mmほどの大きさになります。

骨格のしっかりした欧米女性には大きなダイヤモンドが人気のようですが、日本人女性の繊細な指には、0.2~0.3ct(直径3.7~4.3mm)が最も好まれているようですね。

>>サイズ “0.1ct~0.3ct

Color(カラー)

Color(カラー)ダイヤモンドの色は、無色透明から黄みを帯びた色の順に、「D~Z」まで24段階にクラス分けされています。

一般的にエンゲージリングにふさわしいのは「Iカラーまでの範囲内」といわれていますが、Zカラーに近くなっても色合いはジャスミンティーくらいの色。
Dカラー、Eカラー、Fカラーに関してはほとんど見た目に差がなく、それ以降のものも比べてみてやっと少しわかるというくらいの差といえるでしょう。

何故「D」が最高ランクで、A・B・Cがないのか?正式にはわかりませんが、現在発掘されているDカラーよりも、もっと透明なダイヤモンドが見つかったときのためにとってあるという説と、単に「DIAMOND」の頭文字をとったという説の、所説あるとされています。

>>Dカラー >>Eカラー >>Fカラー >>Gカラー >>Hカラー >>Iカラー

Clarity(クラリティ)

Clarity(クラリティ)クラリティとは、透明度のこと。

天然のダイヤモンドには当然ながらさまざまな「インクルージョン(内包物)」が含まれ、加工の過程で外側に「ブレミッシュ(キズ)」がつくことになりますが、その数や大きさによってクラス分けされたものです。

日本の婚約指輪で好まれるクラリティは、「IF~VS」くらいの範囲といわれています。

FL(フローレス)

ダイヤモンドの内側にも外側にも、不純物や傷(フロー)を一切含まない(レス)のものを「フローレス」と呼びます。ジュエリーの世界では一般的にほとんど流通しません。

IF(インターナリーフローレス)

ダイヤモンドの中に内包物を含まないものです。流通量は非常に少ないです。

>>IFクラス

VVS1・VVS2(ベリーベリースライトリーインクルーデッド)、VS1・VS2(ベリースライトリーインクルーデッド)

非常に微量の内包物を含むもの。その度合いによってさらにクラス分けされています。

なお、一般的にはこの「VVS1」が最高クラスといってよいでしょう。

>>VVS1 >>VVS2 >>VS1 >>VS2

SI1・SI2(スライトリーインクルーデッド)

微量の内包物を含むもの。その度合いによってさらにクラス分けされています。

>>SI1 >>SI2

I1・I2・I3(インクルーデッド)

透明度や輝きに影響する範囲で不純物を含むもので肉眼でわかります。

>>I1 >>I2 >>I3

人間の“ほくろ”に例えてお顔にほくろの1点もないという人は一体どれくらいいるでしょうか、あるいは、ほくろがあることでその方を魅力的に見せている場合もあるでしょう。
というように内包物は、5億年かけて生成された天然の鉱物である証で必ずしもネガティブなものではないのです。

カットの美しいダイヤモンドをダイヤモンドスコープという機具で見るとハート形に見えハートの真ん中にある2つの内包物によって、ご自分の好きな「キツネ」に見えたことで愛着を持たれたとか、珍しいものだとダイヤモンドの内包物が“ガーネット”だったというケースもあります。

これほどユニークなダイヤモンドを贈られたら、どんなにロマンチックな気持ちになるでしょう。ダイヤモンドの神秘性が改めて感じられますね。

Cut(カット)

Cut(カット)ダイヤモンドの輝きを大きく左右する、4Cのなかでも最も大切な項目です。

理想の形に近いかどうか(プロポーション)と、シンメトリー性や研磨の良し悪し(フィニッシュ)を判断基準として、上位から順に、エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プアに分けられます。

カットの優劣を分けるのは、白い光(ブリリアンシー)、キラキラと反射する光(シンチレーション)、プリズムのような7色の光(ファイヤー)の3つ。
これらがバランスよく主張し合うカットが最も美しいとされています。

この「ラウンドブリリアントカット」は、ダイヤモンドの特性を最大限に引き出すために数学的に計算されたもので、発見された17世紀ごろから少しずつ進化をしながらも、ずっとスタンダードになっています。

ダイヤモンドの内包物に珍しいものが見つかれば、それを生かしたカットが施されるということもあります。

>>エクセレント >>I2 >>I3

婚約指輪に相応しいダイヤモンドの大きさ

プロポーズ婚約指輪ブライダルに好まれるダイヤモンドのクオリティは、日本の場合、「0.2~0.3ct以上、Fカラー以上、VS2以上、カットはエクセレント」といわれます。

2015年のゼクシィ結婚トレンド調査によると婚約指輪の平均購入価格は34万円だそうです。
ちなみに、ダイヤモンドを最も美しく見せてくれるのは「朝5時の太陽の光」だといわれています。エンゲージリングを贈られたら、ぜひお試しを。

#REVIEW#